急な出費やイザというときに便利なのが銀行カードローン!
生活費が足りない時やどうしても現金が必要な時にはすごく重宝します。カードローンにはそれぞれ特徴があり、自分にピッタリのものを選ぶことが無駄な金利も少なくて済みますので申込の前にはいくつかのカードローンを比較して検討することをお勧めします。

利用の前に立ちはだかるカードローンの審査

銀行カードローンを利用するためには審査があり、その審査で限度額が決まります。
当然、誰でも利用できるわけではありません。年齢・職業・住まいの状況・家族構成などいくつかの審査基準をクリアしなければ審査に落ちてしまうこともあるので注意が必要です。

カードローンの審査基準を理解しておこう!

カードローンにはある程度の審査基準があります。審査に通りやすい属性としては公務員の人や一流企業に勤めている人は比較的審査に通りやすい属性と言えます。理由としては安定した収入があり離職の可能性も低いとみられ返済能力が高いと判断される傾向にあります。逆に審査に落ちやすい属性としては専業主婦の人やパート・アルバイト・派遣社員・水商売の人が審査の通過率は低めの傾向があります。理由は収入が低かったり離職率が高いといったことが審査落ちの原因と考えられます。
とは言え少額のカードローン限度額であれば審査に通過する場合も多々ありますので怖がらずに審査を受けてみましょう!

銀行カードローンと消費者金融のカードローンの審査について

カードローンの審査基準は銀行カードローンと消費者金融のカードローンで多少異なります。消費者金融の場合には貸金業法という法律の元貸付の審査を行います。消費者金融のカードローンは貸金業法の影響で専業主婦や多重債務者が申込ができないようになっていますので注意してください。

低金利だけど審査は厳しい? 銀行系カードローン

銀行系のカードローンでお金を借りる際には、「低金利」という大きな魅力があります。しかし銀行は「必ず返せる人」にしか貸してくれないので、審査もやや厳しめではあります。

銀行カードローンの審査基準と通過するコツ

  • 一定の収入がある
  • 一定以上の安定した収入がないと審査に落ちてしまいます。アルバイトでもパートでも学生でも借りれますが直近の給与明細からなるべく良い明細を見せるなどの工夫は必要です。勤務先は正確に記入し、バレない範囲で給与を誇張するのが1つの「戦略」です。

  • 年齢条件を満たしている
  • 銀行系カードローンは、原則として未成年は受け付けてくれません。20歳以上、66歳未満が暗黙のルールとなっているようです。これも「返済能力」を測る基準となっています。

  • 限度額が適切かどうか
  • 借入限度額が年収に対して高すぎはしないか。この点も厳しくチェックされます。限度額はなるべく控えめに申請するのが、審査をするっと通過するためのコツです。

同じカードローンでも若干審査が緩いイメージがある消費者金融系

消費者金融系のカードローンは、一般的に審査の基準が緩いと言われています。「緩い」とは言っても、誰でも借りることができるわけではありません。最低限、次のような基準はクリアする必要があります。

消費者金融の審査基準

  • 安定した収入がある
  • もっとも重要なポイントです。「安定した収入」と言われると及び腰になってしまう方もおられるかもしれませんが、原則として雇用形態は問われません。
    パートでもアルバイトでも派遣社員でも、大体月に**万円という定期的な収入があれば、借入は可能です。

  • 総量規制の範囲内かどうか
  • 2010年に施工された「賃金業規制法」という法律によって、「総量規制」が敷かれ、個人が借り入れることができる額は「年収の3分の1まで」という決まりができました。これを超える額を借りようとすると、原則として審査は通りません(ただし例外的に、高い金利を課す代わりにある程度まとまった額を貸してくれる金融機関もないではありません)。確実に審査に通るためには、借り入れようと考えている額が総量規制の範囲内かどうかのチェックも大切です。

  • 他社からの借入と過去の返済状況
  • すでに別のカードローンで総量規制ギリギリまで借りている場合は、やはり審査が厳しくなります。さらには、過去の「金融事故歴」もチェックされるので、ご注意を。ちょっとした延滞ならまだしも、何度も督促を受けた過去がある場合、通過は難しいかも・・・・・・。

消費者金融系、銀行系。いずれのカードローンも、何度も審査に落ちるとその情報が業界内で広く知られるところとなり、次の審査が不利となります。最初から穏当に審査を通過できそうな一社を選び抜いて、無理なく借り入れるのがスマートなやり方でしょう。

カードローンの審査で落ちる理由は?

カードローンの審査で落ちる理由で多いのは過去の滞納が一番の原因となります。借入件数が多いからとか借入がたくさんあるから『借りれないのでは?』と自分で決めつけている人も多いと思いますがきちんと返済している人は金融会社からすると良質なお客さんなのでできるだけ貸したいと思うのです!過去に滞納がない人は銀行カードローンへの申し込みをお勧めします。

各カードローンによって審査基準は異なる!

カードローンの審査基準はそれぞれ多少異なります。たとえばカードローンAでは審査に落ちたけどカードローンBでは審査に通過して50万円の枠をもらえるといったことはよくあります。ただ気をつけなければならないのはあまり立て続けに申込を繰り返すとその申込情報を見られ余計に審査に通りにくくなってしまうことがあるかもしれませんので同時期に申込をするのは3社くらいまでにしておきましょう。

銀行カードローン基礎知識

カードローンとは?

カードローンは銀行やその他の金融機関が発行するカードを利用するローンのことです。
カードを利用して、CD機やATMからお金を借り入れることができます。

必ずしもそれは銀行でなければならないことはありません空港やコンビニでもご利用のカードローンが提携しているATMであればどこでも使えるのがカードローンの特報です。

atm1

この様に関西国際空港でも利用できるATMが設置されていますのでイザお金が必要な時にはカードローンを持っていればその場を凌ぐことが出来るというわけです。

そんなカードローンを大別すると、1つは担保を必要としない無担保型、もう1つは不動産や有価証券などを担保とする有担保型になります。

カードローンは基本的に用途は自由ですが、事業用に利用することはできません。

ただし、事業融資として利用できる個人事業主向けのカードローンもあります。

下記がカードローンの利用目的のアンケート結果です。

cardriyou

データ元 ジャパンネットバンク http://www.japannetbank.co.jp/company/news2013/130225.html

半数以上が生活費や娯楽で利用されています。

カードローンの中には、銀行などの金融機関の普通預金口座のキャッシュカードが利用できるものがあります。

銀行などでは、キャッシュカードが使えるものと専用のカードが発行されるものがあります。

この2種類は、専用カードの場合はその金融機関に預金口座を持っていなくてもカードローンを利用できますが、キャッシュカードの場合は普通預金口座を持っている必要があります。

カードローンの金利について

銀行のカードローンのは比較的低金利なイメージがあるようですが実際にはそこまで低いわけではありません。
利用するときには金利がいくら掛かるのかという事を理解した上で利用しないと気づいた時には取り返しのつかないことになりえます。

多くの銀行カードローンで

実質年率  4.6%~14.6%

といった表記を目にすると思いますがこれから申込をする人にとって重要なのは右側の高い方の年率です。取引の回数を重ねたり大口の融資枠の場合に金利が徐々に下がっていくと思っておいて下さい。

『最低金利が低いから自分も金利を安く借りれる』と思っていると金利のギャップに驚かされます。

10万円を借りた場合のひと月辺りの利息比較

実質年率 返済合計額 合計利息
14.8% 101,463円 1463円
17.8% 101,216円 1216円
金利差 753円

一ヶ月で返すのであれば金利の違いは 753円となります。

30万円を3ヶ月借りた場合ではどうなるでしょうか?

実質年率 返済合計額 合計利息
14.8% 307,429円 7,429円
17.8% 308,943円 8,943円
金利差 1,514円

いかがでしょうか?

一ヶ月10万円の利用に比べ金利の額も増え金利差も大きくなっています。

当たり前のことですが利息は借りる金額や借りる期間によってどんどん増えて行くのです。
カードローンを利用する際にはきちんと金利を確認して返済額のことも考えておきましょう!

すぐに利用できる?

カードローンをまだ利用したことない人にとって最初の利用はお急ぎの場合が多いと思われます。少し前まではカードの発行までに2日~3日かかっていたのが最近では当日発行のところが増えています。

申し込む時間やタイミングによってもスピード感違ってきますので急いでいる場合は午前中に申込をすることをおすすめします。

キャッシングと銀行カードローンのスピードの違い

より早さを求めるのであればキャッシングを利用することも視野に入れても良いと思います。
キャッシング(アコムプロミス)の申込から融資までのスピードは驚くほど早いです。

なぜそんなに早いのか正確な事はわかりませんが審査の部分がかなり影響していると思います。
銀行は昔から融資には非常にシビアでしっかり審査した上で融資を実行していました。

これはカードローンの利用枠を決める審査でも同じと言えます。

しかし、アコムやプロミスと言ったフリーキャッシングをメインに扱っていたところは顧客へ融資して金利で利益を上げているので

貸してナンボ

みたいなところがあり『審査が甘い』とまでは言いませんが銀行ほど慎重な審査を行っていないという事が早い審査につながっています。

審査について

カードローンを利用するには必ず審査があります。
審査 って聞くと凄く不安に思う方もいると思いますが【大口融資の場合】や【ブラックリストの過去がある】などよっぽどのことがない限り審査は通過します。

審査は何を基準にしているのかというと

返せるかどうか です。

申込の時に記入する内容では

歳は何歳だ? 家は持ち家か? 家族構成は? 年収はいくらある? 他社の借入はあるのか? 仕事は何してる?などをチェックしています。

それを踏まえた上で信用機関などで与信をチェックします。ココでは過去の借入状況や住宅ローン・自動車ローン・携帯電話の割賦までわかっちゃいます。

そして最後に会社への在籍確認で本当に務めているかをチェックするわけです。

審査が不安な場合はネットで簡易審査が出来るところがあるのでそこでチェックした後に申込をすれば少しは不安が解消しますよ!

更新日 2017 12/09