ginkoshinsaochi
銀行カードローンの審査には、銀行によって様々な審査基準があるために、ある銀行では審査が取らなくても他の銀行では審査が通るということがよくあります。

なので、どういう銀行に借り入れを申し込むのかということで、審査の良し悪しが変わってきます。

一つの銀行がだめであっても、他の銀行に申し込みをすると審査が通る可能性があるのですが、しかしどこの銀行であっても審査が通らない理由というのがいくつかあるので、それを見ていきます。

まず、基本的には複数の借り入れがある場合は、審査に通らないということがあります。なので複数の借り入れがある場合は、基本的には審査が通らないと考えた方がいいようです。

そして、仮に借り入れを隠していても金融機関同士で情報を共有している情報信用機関にデータがあるため、これもすぐにわかってしまいます。こういうことを考えると初めから複数の借り入れがある際には、審査は通らないと考えた方がいいようです。

さらに、返済において3か月以上遅延している場合には、ブラックリストに掲載されてしまい審査が通らなくなってしまいます。

審査に通るためには、まずは、しっかりと借りたお金は返済している必要があります。

加えて、申し込みブラックというものもあり1か月以内に3社以上の審査を受けていると、これもかなりお金が必要な状態で借り入れをしても返済できないとみなされてしまうために、審査に通らなくなります。

一度に複数の金融機関に借り入れの申し込みをするのは、少し考えた方がいいようです。

また、他にもしっかりと働いていても勤続年数が短い場合は安定した収入ではないとみなされて審査に通らなくなるので、これもよく注意です。

こういう時には、もう少し時間が経ってから申し込みをするといいようです。

他には、公共料金の未払いや、居住確認ができない場合などがあっても審査が通りにくくなります。やはり銀行が見る所というのは、何よりも安定した収入と返済というものを最も重視するので公共料金が未払いであったり、

また、居住を持たないもしくは確認できないと返済ができなくない人と判断されてしまい審査が通らなくなります。

カードローンの審査基準について