shinyojoho

カードローンなどを利用する場合に、必ず審査が行なわれます。その審査の判断材料となる「個人信用情報」を取り扱うのが個人信用情報機関となります。

この登録されている情報が審査に大きく影響するのですが、各機関がどのような情報を登録をしているのか一般的にはあまり知られていませんが、銀行やクレジット会社に消費者金融などローンなどを扱う会社は、個人信用情報機関の会員となり、個人の情報を開示できるようにしています。

登録されている情報は、誰でも開示できるわけではなく本人と会員でしか登録されている情報を調べることができません。また、開示された情報は第3者にバレないように厳重に取り扱われており、本人が開示を行った場合は注意しながら利用または保管をしなければなりません。

3つの個人信用情報機関について

信用情報を取り扱う機関は、「CIC 指定信用情報機関」「JICC 日本信用情報機構」「KSC 全国銀行個人信用情報センター」の3つの機関となります。

これらの機関が登録をしている情報が、カードローン審査などの申込者に対して融資を行っても良いかの大きな判断材料になります。

登録されている内容は、氏名/生年月日/勤務先にローンやクレジットカードなどの借入利用状況から最終返済など細部まで情報を登録しており、申込者の個人情報を照会をすることで審査に通過させても良いかの判断を行っています。

この重要な登録情報を開示できるのは、本人または個人信用情報機関の会員であることが条件となります。

また携帯電話の端末購入の割賦契約も信用情報として登録され扱われているのは以外に知られておらず、毎月支払う携帯代も遅れて支払っていると、カードローンの審査にも影響するので気をつけて下さい。

では各機関がどのような情報を登録しているのかと、開示方法などをまとめてみましたのでご覧ください。

CIC 指定信用情報機関

cic
指定信用情報機関(CIC)では、信用情報の収集/管理/提供/開示を行っています。

情報内容は、ローン/クレジットカード/割賦などの情報を取り扱いをしています。これらの信用情報は、加盟会員である信販/クレジット/銀行/消費者金融などが審査の判断情報として閲覧されます。

ですが、必ずしもこれらの情報を審査時に開示をするわけではなく、融資を行う側が小額融資や返済能力範囲であると判断した場合は開示されることなく審査を進めることもあります。

加盟会員
信販会社/百貨店/専門店会/流通系クレジット会社/銀行系クレジット会社/家電メーカー系クレジット会社/自動車メーカー系クレジット会社/リース会社/保険会社/保証会社/銀行/消費者金融会社/携帯電話会社など

CICの利用目的と内容

ローンやクレジットカードの申込みを受けた側は、消費者の支払い・返済能力があるのか調査材料になります。

また契約後の契約更新や融資枠の増額などの判断材料としても開示されます。

開示された情報は、けして第3者に提供してはならないと規定されていますので、クレジットカードやローンの申込み先から第3者へ情報が漏れることがないように取り扱われています。

CIC 取引情報を登録している期間

CICが信用情報を保有する期間ですが、クレジット会社への申込み情報は6ヵ月間、契約期間または契約終了までの情報は5年以内、クレジットカードの利用記録となる情報が6ヵ月までとなります。

その他に電話帳に掲載している情報を2年半の期間保有します。

このように、クレジットカードの契約後の利用状況など、保有される期間が決まっています。

開示方法については詳しくはこちら>> CIC 開示方法

JICC 日本信用情報機構

jicc
日本信用情報機構では、ローンやクレジットカードなどの信用取引の内容となる、契約/返済/利用残高など取引事実の情報を保有しています。

加盟会員
信販会社/消費者金融会社/流通系/銀行系/メーカー系カード会社/金融機関/保証会社/リース会社など

JICCの利用目的と内容

各ローンの契約や返済情報などからクレジットカードの契約に支払い利用実績などの情報が記録されています。

この保有されている情報は、ローンやクレジットカードの契約申込み時に審査の判断材料とされ個人の信用力があるのか参考情報として加盟会員に提供されます。

登録されている情報の内容は以下の通りになります。

本人情報
氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先、勤務先電話番号、運転免許証等の記号番号等
契約内容
登録会員名、契約の種類、契約日、貸付日、契約金額、貸付金額、保証額等
返済状況
入金日、入金予定日、残高金額、完済日、延滞等
取引事実
債権回収、債務整理、保証履行、強制解約、破産申立、債権譲渡等
申込み
本人を特定する情報(氏名、生年月日、電話番号及び運転免許証等の記号番号等)、並びに申込日及び申込商品種別等
電話帳
電話帳に記載された氏名、電話番号等の情報

これらの情報が、カードローン審査結果の大きな判断材料として見られるので、過去にローンやクレジットカードの支払いなどで少しでも不安がある方は、インターネットを利用して簡単に開示申込みを行えるので登録されている情報を確認してみるのも良いかもしれません。

JICC 取引情報が登録されている期間

信用情報を登録しているJICCの保有期間ですが、契約に関しては契約中または完済日から5年間、返済状況は契約中及び完済日から5年間、取引事実は当核事実から5年間、申込みに関する情報は6ヵ月間となり、その他に電話帳に掲載されている情報も次の更新が行われるまで登録されます。

開示方法については詳しくはこちら>> JICC開示方法

KSC 全国銀行個人信用情報センター

ksc
金融機関が加盟している、全国銀行個人信用情報センターは「全国銀行協会」が運営をしています。

保有している情報は、クレジットカード/ローンの契約内容/返済状況/利用内容/照会情報・不渡などの情報が登録されています。

加盟会員
都市銀行/地方銀行/ネット銀行/信用金庫/協同組合など

KSRの利用目的と内容

与信取引の判断材料として、保有している情報は会員に提供され消費者が多重債務者へと陥らないための防止やスムーズな審査手続きを行うために必要とされる信用力判断の材料となる取引情報を保有しています。

全国銀行個人信用情報センターに登録されている情報は以下の内容になります。

個人信用情報の取り扱い内容は、主にローン/クレジットカードの契約/取り引き内容となり、申込み/契約/返済などの履歴になどに関す状況を知ることができ、さらに延滞や代位弁済に強制回収などから破産・民事再生手続きなどあらゆる取り引き情報が登録されています。

KSR 取引情報が登録されている期間

個人信用情報は、ローンやクレジットカードの完済日・契約完了日から5年間としており、申込みや契約内容は6ヵ月~1年以内。不渡りや取引停止処分の場合は6ヵ月~5年以内ちなります。

破産や民事再生手続きの場合は10年以内とされており、これらの情報は永遠に保存されるわけではありませんので、過去の取り引きに不安がある方は現在も情報が登録されているのか開示することで今後のローン審査の自己判断材料にもなります。

開示方法については詳しくはこちら>> KSR開示方法