銀行でお金を借りる際には、カードローン・住宅ローン・事業用融資などが頭に思い浮かぶ人が多いでしょう。
しかし銀行には個人向けに、フリーローンというものが存在しています。
銀行側もあまりアピールしていませんし、実際利用する人もあまり多くないフリーローン。
果たしてフリーローンとは、どのようなものなのでしょうか。
ここでは銀行フリーローンの基礎知識と、審査期間について解説していきます。

フリーローンとカードローンの違いとは?

まずは銀行のフリーローンとカードローンの違いについて解説していきます。
フリーローンとカードローンは、どちらも個人向けの融資商品ですが、この2つには以下のような違いがあります。

フリーローン カードローン
融資に必要なもの 本人確認書類、収入証明書、資金使途確認書類 本人確認書類、収入証明書
借り入れ方法 一括で銀行振込 銀行振込、ローンカードによるキャッシングなど
2度目以降の融資について 再度審査が必要 借入限度額内であれば何度も借り入れが可能
金利 安いことが多い 高いことが多い
一般的な返済方法 元利均等返済 高残高スライドリボルビング払い

フリーローンとカードローンには、このような違いがあります。
まずフリーローンは本人確認書類、収入証明書の他に、資金使途確認書類が必要。
資金使途確認書類には借り入れしたお金をどのように利用するかを明記する必要があり、書類に書いた用途以外の利用は原則できません。
またフリーローンの場合一度振り込みが完了したら、あとは返済するのみです。
カードローンの場合は、借入限度額に余裕があれば、すぐに借り入れができますが、フリーローンの場合はそれができません。
ただし金利については、フリーローンの方が安いケースが多いです。
まとめるとフリーローンは資金の用途がかなり限定されるが金利は安い、カードローンは自由性が高いが金利は高いということですね。
銀行側としては金利が高いカードローンを推す理由はわかりますし、利用者としてもカードローンの方が借りるのが簡単で使いやすいです。
しかしフリーローンにも十分なメリットがありますので、どちらを使うのかは一度検討してみましょう。

フリーローンの審査期間について

フリーローンとカードローンは、このような違いがある点を解説してきました。
それではフリーローンの審査期間は、どのくらいかかるのでしょうか。
ここからはフリーローンの審査期間について、解説をしていきます。

審査内容が多いので審査は長い傾向

先ほど説明したように、フリーローンは本人確認書類、収入証明書の他に、資金用途確認書類の提出が必要です。
銀行側からすると、カードローンに比べて確認する書類が増えていますので、審査には時間がかかることが多いです。
2018年から銀行でカードローンを利用する場合、銀行は警視庁に反社会勢力のリストに利用者が載っていないか、確認する義務が生じました。
そのためカードローンの場合でも、最短で翌日融資となりますが、フリーローンはそれ以上に時間がかかります。
審査期間は銀行によって変わりますが、1週間は審査期間を見ておきましょう。
その後融資の申し込み手続きもありますので、実際にはそれ以上の時間がかかります。
逆に言えばどうしても1週間以内にお金が必要なのであれば、フリーローンは向いていません。
その場合は審査期間の短いカードローン、もしくは消費者金融の利用を検討しましょう。

融資も振り込みで行われるので、期間には余裕をもって

フリーローンは審査に通過したら、振り込みで融資が行われます。
振り込みで融資が行われるということは、15時以降の振り込みは翌日扱いになりますし、休日の場合は翌営業日となります。
三菱UFJ銀行のバンクイックや三井住友銀行カードローンは、ローンカードを受け取ったら、すぐに融資が受けられます。
フリーローンの場合は振り込みでの対応になりますので、そこにも時間がかかることは頭に入れておきましょう。

フリーローンを利用するメリット・デメリット

ここまでフリーローンの審査期間について、解説をしてきました。
フリーローンはあまり聞きなれないので、まだ理解しきれていない人もいるかと思います。
ここからは、フリーローンを利用するメリットとデメリットを解説していきます。
フリーローンを利用するか、カードローンを利用するか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

フリーローンを利用するメリット

まずはフリーローンを利用するメリットを解説していきます。
フリーローンを利用するメリットとしては

  • 金利が安くなる可能性が高い
  • まとまった金額の借り入れに向いている

といった点です。
フリーローンの金利は銀行によってさまざまですが、三井住友銀行を例に挙げて説明します。
三井住友銀行カードローンの金利は、借入限度額によって変動し、4.0%~14.5%の間です。
一方でフリーローン(無担保型)の場合は、金額に関わらず5.975%で固定。
一見するとどちらの金利が安いのかわかりにくいですが、カードローンの場合は500万円以下の借り入れは金利6%以上になります。
つまり借り入れする金額が500万円以下の場合、フリーローンの方が向いているということですね。
これはあくまで三井住友銀行のケースですが、フリーローンは固定金利のことが多いので、おおむねどの銀行もこのケースになります。
住宅ローンやカーローンではなく、フリーローンやカードローンを利用する場合、500万円以上借りるケースはかなり限られます。
そのため金利面では、フリーローンを利用した方がお得になるケースの方が多いということ。
借りる金額が大きくなればなるほど金利の差は大切になりますので、100万円以上のまとまった金額を借りるのであれば、フリーローンはおすすめです。

フリーローンを利用するデメリット

一方でフリーローンを利用するデメリットとしては

  • 審査期間が長くなる可能性がある
  • 再度融資を受けることがかなり難しい

といった点です。
フリーローンは資金用途確認書類を提出するので、審査には時間がかかることは先ほど説明しました。
フリーローンの場合は、書類提出から1週間以上時間がかかることも多いので、期間に余裕はもっておきましょう。
また再度融資を受けることが難しいなど、資金利用の柔軟性についてはカードローンの方が優れています。
カードローンは借入限度額内であれば、何度でも借り入れができますが、フリーローンではそれができません。
もちろん返済はしていかなければならないので、フリーローンを利用する際は、しっかりした計画性が必要です。
資金用途確認書類では資金の利用用途も書きますが、イレギュラーな事態が起こったケースも考えておきましょう。
フリーローンの返済ができないとなると、挽回する手段が少ないので注意が必要です。

フリーローンの利用を検討してみよう

ここまでフリーローンの基礎知識と審査期間について、解説をしてきました。
フリーローンはあまり知られていませんが、うまく使えばとてもいい商品が多いです。
審査期間が長いといったデメリットはありますが、金利が安い点は何よりの魅力。
フリーローン最大のメリットと言えるでしょう。
フリーローンの利用を検討している人はもちろん、カードローンを検討している人も、フリーローンについて考えてみてはいかがでしょうか。