ゆうちょ銀行のキャッシュカードでお金を借りる方法とは?

ゆうちょ銀行でお金を借りる方法には3種類あります。ゆうちょ銀行が独自でお金を貸し付けているもの、他の融資商品を代理で受け付けているもの、キャッシュカードにクレジットカードの機能を付けているものです。
ゆうちょ銀行がお金を貸しているものはゆうちょ銀行にお金を預けている人が、資金が必要になったときに預けているものを解約せずに一時的な資金需要に対応します。財産形成貯金担保貸付けや貯金担保自動貸付け、国債等担保自動貸付けがあります。財産形成貯金担保貸付けはゆうちょ銀行で財形を預けている人に向けた商品です。働いている人などがゆうちょを通して給与やボーナスの一部を天引きして、貯金をします。この財形を担保として、借り入れが出来るのです。貸付けで対象となる財形は財形定額貯金や財形住宅定額貯金、財形年金低額貯金があるのです。借り入れ出来るのは貯金残高の90パーセントか300万円まで、借り入れ期間は最長で2年になります。貯金担保自動貸付けの対象となるのは定期預金で、定期預金の90パーセントが条件となり、不足した分が自動的に借りられます。総合口座としてまず口座を作成して、定期貯金を作っておけば自動的にお金が借りられる仕組みです。申し込みや審査も不要です。国債等担保自動貸付けは国債を担保とした貸付けで、ゆうちょ銀行や郵便局で国債を購入します。購入した国債のうち年に一回利息を受け取れる仕組みの国債や個人向けの国債が担保になります。貯金の残高を超える払い戻しがあったときに、自動的に不足分が貸付けされるのです。
もう一つはゆうちょ銀行のカードローンサービスです。スルガ銀行の融資商品の代理受け付けです。実際に貸付や審査を行うのはスルガ銀行で、カードローンやフリーローン、住宅ローンを受け付けています。カードローンである「したく」やフリーローン「夢航路」、ホームローン「夢舞台」です。
キャッシュカードを利用してお金を借りるのは、JPバンクカードというゆうちょのキャッシュカードとクレジットカードが一体になったものです。お金の引き出し機能は付いているキャッシュカードですが、預け入れは出来ないシステムになります。クレジットカード機能が加えられるので、これを使って借入をするのです。

 

キャッシュカードで借りられるのか?

 

キャッシュカードを使ってお金を借りられるのはJPバンクカードです。JPバンクカードは会社員はもちろんのこと、アルバイトやパート、主婦の方で安定した収入があれば申し込みが出来るカードローンでもあります。年利は借入金額に関わらず15 パーセント、担保や保証人は必要ありません。ゆうちょ銀行に口座を持っていて、18 歳以上に限られます。18歳以上でも高校生は不可です。以前にJPバンクカードを持っていた人は廃止手続きをして2週間経ってから申し込めます。
カードの種類にはJPバンクVISAカードやJPバンクマスターカード、JPバンクJCBカードと各ブランドごとに複数あります。

郵便局はお金を貸してくれるの?

JPバンクカードの申し込み方法や審査について

JPバンクカードの申し込みでは窓口やインターネット、電話や郵送の方法から選べます。まず利用するためには申込書などに必要事項を記入します。インターネットでの申し込みでは専用フォームにアクセスして自分の情報を送信するだけなので、窓口に行く手間が省けるのです。受付時間も決められていないので、時間を気にせずに申し込みが出来て便利です。サイト内で必要事項を入力すると、入力した内容が印刷された印字申込書請求が届きます。また電話などで申し込むと白紙の状態の申込書である入会申込書請求が届くので、ゆうちょ銀行の届け印を押して送り返すだけです。未成年が申し込む場合は保護者の同意書も送ります。
クレジットカードの審査は一般的に難しいとされていて、特にゆうちょのような銀行は条件をクリアしていないと使えないとされているのです。審査に通過するためには毎月一定額以上の収入があること、数年の勤務実績があることがポイントです。クレジットカードの引き落としや携帯電話などの支払いが一度でも遅れると審査に通るのは厳しくなるので、申し込みをするときには滞納しないように気を付けます。

 

審査に使われる必要書類

審査に進んだときに必要となる書類はJPバンクカードの申込書のほかに、本人確認書類や所得証明書類です。本人確認書類は他人が勝手に誰かの名義で借り入れを行わないために確認します。本人確認書類として有効なのは運転免許証や住基カード、パスポートやマイナンバーカード、健康保険証などです。本人確認書類を提出するときには名前や生年月日、住所が記載されているのかチェックして、コピーを使うときにはそのページの写しを渡します。本人確認書類と申込書の住所が違うときには公共料金の領収証や社会保険の領収証、税金などの領収証を一緒に提出するのです。
所得が確認出来る書類はキャッシング枠を希望するときに提出します。用意するのに時間が掛かるケースもあるので、早めに準備することがポイントです。源泉徴収票や住民税決定通知書、給与明細書や所得証明書のいずれかを用意します。給与明細書は毎月の給与がどのくらいになのかきちんと証明するためにも、数カ月分を準備しておくと良いです。

 

返済方法とは?

返済方法は一括返済とリボ払いから選べます。一括返済では、まず決められた額をATMで返済します。利用することが出来るATMはゆうちょ銀行やスルガ銀行のATMだけでなく、コンビニのATMからでも返せます。提携しているATMの利用料は108円から216円で、会員サイトに登録していれば初回振り込みサービスが受けられます。リボ払いは決められた日にちに自動的に引き落としが行われるのです。
毎月決められた金額を返すことはもちろんのことですが、ボーナスなどの臨時収入が入ったときには繰り越し返済も出来るのが良い点です。繰り越し返済の場合は、ゆうちょが指定する専用の口座に振り込んで返済します。

 

JPバンクカードのメリット

カードローンを利用する人の中には、利用していることを誰にも知られたくないという人もいます。その人たちにとってネックとなってしまうのが利用明細書です。カードローンの明細書では次回の返済額の詳細や残額などが載っているので、誰かの目に留まったときに利用していることを知られてしまう可能性があるのです。JPバンクカードでは利用明細書を発行しないプランがあり、インターネットで明細を確認出来るので周囲にバレる心配もありません。
また公共料金の支払いなどにキャッシュカードを利用すればポイントが貯まります。商品に交換することが出来たり、提携先のポイントに変られるのもメリットです。
クレジットカードやキャッシュカードは不正利用の可能性もありますが、JPバンクカードではセキュリティーがしっかりとしています。JPバンクVISAカードやマスターカードはICチップを搭載して、高度な暗号化技術で不正利用を防いでくれるのです。