zougakutokinnri

カードローンの利用できる限度額は決まってる!

blackcardアメックスのクレジットカードの中に、「アメックスセンチュリオンカード」というブラックカードがあります。

このカードは利用限度額がありませんので、クレジットカード決済可能なところであれば、極端な話自動車や家までカードで購入できるのです。

しかし、一般的なクレジットカードのショッピングはもちろんですが、銀行のカードローンでも無制限に利用できるところなどありません。

カードローンには限度額がある

銀行のカードローンには「利用限度額」があり、利用者はその金額を越えてお金を借りることができません。

利用限度額を決めるのは、最終的にはお金を貸す側の銀行であり、お金を借りる側の利用者ではありません。お金を借りる利用者側も、カードローンの申し込みの際に希望する限度額を聞かれる場合があるのですが、それも100%通るわけではありません。

カードローンの申込を受けると、銀行はその審査を行うのですが、審査では利用者にお金を融資すべきか否かと同時に、利用者にいくらの限度額を設定するかも審査されます。

利用者が希望する限度額が経済状況とあまりにもかけ離れている場合には、融資を断る場合もありますし、大幅に限度額を引き下げた上で融資をするのです。

各貸金業者の利用最大限度額一覧

カードローン名 最大借入限度額
住信SBIネット銀行 カードローン 利用限度額:1200万円
みずほ銀行 カードローン 利用限度額:800万円
オリックス銀行 カードローン 利用限度額:800万円
イオン銀行 カードローン BIG 利用限度額:800万円
りそな銀行 りそなプレミアムカードローン 利用限度額:800万円
SMBCグループ SMBCモビット 利用限度額:800万円
三井住友カード ゴールドローン 利用限度額:700万円
プロミス カードローン 利用限度額:500万円
アコム カードローン 利用限度額:500万円
新生銀行カードローン レイク 利用限度額:500万円
楽天銀行 スーパーローン 利用限度額:800万円
アイフル キャッシングローン 利用限度額:500万円
新生銀行グループ ノーローン 利用限度額:300万円

限度額が多ければ金利は低くなる

genndokinnri しかし、カードローンを利用している人の中には「今のカードローンの限度額ではとても少ない」と感じている人も多いのではないでしょうか。

カードローンを提供している銀行側も、最初からリスクの高い高額の限度額で融資するわけにはいかないので、最初のうちはどうしても低い限度額に抑えられていますが、利用していくうちにそれでは足りなくなることも容易に想像できます。

もちろん、「最初から設定された限度額で未来永劫我慢しなさい」などということはありませんで、限度額を増やしてもらうことも可能です。

限度額を増やしてもらうことは、単に借りられる金額が多くなるだけではありませんで、実はお得にお金を借りられるメリットもあるのです。

利用限度額と並んで利用者がカードローンで重視する項目と言えば、「金利」です、限度額と同様に適用される金利も審査によって決まるのですが、適用金利の多くは限度額の多さによって決定されます、限度額が多ければ多いほどです。

その利用者に適用される金利もどんどん低くなりますので、同じ10万円を借りたとしても限度額が多い人はお得な金利が適用されるのです。

増額申請の方法と流れ

消費者金融のキャッシングの中には、知らないうちに限度額が増えていたなどということがあります。

消費者金融から「限度額が増えました」などのお知らせも特になく、利用者が限度額の確認や利用可能残高の照会をすると、限度額が増えていたことをそのときに知る、といった感じです。

さすがに、銀行のカードローンで知らないうちに限度額が増えていたなどということはありません。限度額を増やすためには、利用者自らが限度額増額の申請をしなければなりません。

消費者金融のキャッシングでは、増額申請を自社のATMから行えるところもありますが、銀行のカードローンではさすがにそれはありません。銀行のカードローンで増額申請をするには、インターネットや電話、あるいは直接来店をして申込をするのが一般的です。

しかしごくまれに、銀行から「増額のご案内」という内容のはがきが来ることがありますので、その時はチャンスですね。

増額申請をしたからといって、すぐに増額してもらえるわけではありませんで、カードローンの契約時と同じように所定の審査があります。

審査の結果増額が認められると、メールなどで増額のお知らせがきます。

増額申請が認められるコツ

zougaku銀行のカードローンで増額をされるかどうかは審査次第というわけですが、増額申請にもいくつかのコツがあります。

まずは、しっかりとした実績を作ることです。カードローンの新規契約をしてすぐに増額申請をしたところで、何の実績もない利用者に増額などしません。

目安としては、最低6ヶ月は定期的に利用して、しかも計画的に返済をすることが求められます。カードローンを利用しない人は、増額申請をしてもなかなか申請は通らないでしょう。

また、銀行のカードローンの場合、自分の銀行に口座を開設しているとさらに有利になる傾向があります。

しかも、その口座に50万円や100万円くらいの預金があれば、増額申請は通りやすくなるでしょうが、口座にそれだけのお金が入っているのであればキャッシュカードで引き出せばいい、という考えもあります。

そして最後に、あまり無理な増額申請をしないことです。現在50万円の利用限度額を設定している人が、いきなり500万円に増額をしてくださいと言っても門前払いでしょう。前述したように、カードローンの金利は限度額によって変動してきます。

※ 例えば50万円の限度額が年14%の金利で、100万円の限度額になると年11%に金利が引き下げられる場合、増額申請は100万円に設定をすべきでしょう。金利の階段を一つ一つ着実に上ること、これが増額申請では重要です。